女性秘書

秘書のイメージと聞かれると、企業の秘書は女性が多く、議員の秘書は男性が多いようなイメージがあります。そもそも秘書とは重要書類を扱ったり、上司の身の回りの世話をする専門家なのです。日本では役員秘書、学者秘書、芸術家秘書、医療秘書、弁護士秘書、プロジェクト秘書、議員秘書のような分類があります。秘書に必要な資質は仕事の処理能力、機密保持、的確な判断力と記憶力、行動力や洞察力といったかなりの能力を必要とします。また、人間関係も大切ですからコミュニケーション能力も必要となります。秘書の能力を図るために秘書検定という資格があります。秘書検定の勉強は一般事務にも役立つことが多いので、事務職志望の学生で秘書検定を受験する人が多いのだそうです。日本には秘書になるための必須の資格はありませんが、秘書のお仕事をするなら秘書検定を受験しておくと良いでしょう。秘書のお仕事は細かな気配りも必要となります。男性より気配りのできる女性の方が向いているお仕事のように感じます。秘書は接待業務も重要な業務となります。来客に対して失礼なことはできませんので、作法やマナーをしっかり身につけた人でないと務まりません。その為には、敬語がしっかりと身についていることが絶対条件になります。また、接客業務だけではなく情報収集して整理する能力や、管理する能力も必要となります。秘書とは万能型の補佐役なのです。イギリスでは秘書の資格があったり重要な役割となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です